読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【検証】実際に海外送金してみて手数料の安さを比較をしました

海外送金手数料が1000円以内のネット銀行が増えてきています。海外送金のやり方がわからなく手が止まってる人は必見です。海外送金手数料が安い楽天銀行に登録してみました。迷ってる人は参考にしてください

海外送金の手数料が1/10になりました

10年前、海外送金には1万円以上の手数料がかかっていた

10年前の話ですが私が香港HSBCの個人口座に日本から香港に送金をするとき三菱UFJ銀行から30万ほどを送金したことがありますがその時の手数料は8000円前後かかったと記憶しています。海外送金手数料プラス為替手数料+事務手数料を含めると1万円を超えていました。

次に海外送金が安いとして「Goロイズ銀行 海外送金サービス」が脚光をあびました。同じく30万円を日本から香港に送金するのにすべて含め5000円以内で海外送金が可能になりました

ですが2016年現在、海外送金の手数料が十分の一にまで送金手数料がさがり1000円以下の手数料で海外への送金が可能になりました。なんて便利な世の中だ!

私が現在利用してるのが楽天銀行!楽天って銀行もやってるんだ?ともうひといますがネット銀行の中でも大手として成長している銀行です。楽天銀行の海外手数料はわずか750円!安すぎます。日本から地方の信用金庫に送金するのに手数料が500円程度取られることがありますが、それを考えるとだいぶ安いですね。

手数料競争の時代がやってきました。

先日ニュースでコンビニのファミリーマートが店頭で海外の送金サービスを始めたそうでとうとうコンビニから海外送金ができる時代が来たかとビックリしたことを覚えています。

ファミリーマートの海外手数料ってどうなんだろうとおもいましたが、フィリピンへの送金がやすいみたいですね。他の国への送金は1000円を超えるあたりで高くはありませんが安くもない感じですね。フィリピンは出稼ぎ労働者の送金で国内GDPを数十パーセントも押し上げていると聞いたことがあります。手稼ぎ労働者の国ならではの特徴です

そのうちセブン銀行も対抗してきそうですね。セブン銀行は中国人の多くが利用しているユニオンペイに対応しているし香港HSBCのキャッシュカードでも現金引き出しができる国際色あるネット銀行ですから海外送金の手数料の安いサービスに期待したいです