読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【検証】実際に海外送金してみて手数料の安さを比較をしました

海外送金手数料が1000円以内のネット銀行が増えてきています。海外送金のやり方がわからなく手が止まってる人は必見です。海外送金手数料が安い楽天銀行に登録してみました。迷ってる人は参考にしてください

銀行窓口で送金するのは少し面倒だけど

今はネットの時代だからネットで送金する方が安いよ!でも昔ながらの人やネットに抵抗ある人は銀行の窓口に行って送金するのが確実でしょう!

銀行の窓口だと高いでしょ?と思いますが依然と比べれば半額から1/3位の安い手数料で海外送金が可能です。中でもゆうちょ銀行が海外送金に対して力を入れています。

店頭での送金とネット銀行を比較してみる

銀行の店頭で海外送金する場合の手数料は4000円前後くらいだと思ってください。なかでも、ゆうちょ銀行の海外手数料は2500円!すごく安いですね。ただ楽天銀行の750円には及びませんが・・・

ネット銀行(楽天銀行)のメリット

  • 24時間いつでも送金可能
  • 手数料が圧倒的に安い
  • サポートスタッフの対応が早い
  • 送金時間が速い(急な送金にはネットですね)
  • 申し込み用紙の記載がない印鑑もいらない

店頭銀行のメリット

  • 安心がある

と店頭銀行のメリットはあえて言うなら安心があるくらいでしょか?ネットが使えるなら断然ネットが良いです。郵便局で海外送金する場合は対応するスタッフが慣れてないこともあり、対応スタッフによっては時間かかる場合があると思います。また店頭銀行で海外送金を行うと送金までの時間が3日から4日かかると言われています。

店頭銀行を使うときのデメリット

  • 送金時間が遅い(急ぎの海外送金には向いてません)
  • 対応スタッフの不慣れさがある(手続きに時間がかかる)
  • 書類の記載をしないといけない
  • 印鑑の提示が求められる
  • 送金手数料が高い
  • 為替手数料が高い